2019年09月03日

WordPressでbodyの下に&#65279が表示される問題をVimで解決する

WordpressなどでHTML編集中、Webページの上部に隙間ができてしまう問題。Chrome developer tool で表示してみると 「&#65279」の文字列があり、これをDeveloper Tool上で削除すると隙間が消える。 これはWindowsなどのテキストエディタで保存した際に付与されるBOMが原因。 Vimで当該ファイルを開くと何も表示されないので、BOM編集のオプションをつけて開く vim -b page.php として開くと この先頭の<feff>を削除して保存するだけ。 fin


2018年12月16日

laradockでnginxが起動しない時

Laradockでnginxがdocker-composeした際に起動していない現象について laravel開発初めて、つまづいたメモです。 ■事前準備 ・環境:Windows8 ・Dockerのインスートール ・gitのインストール git-bashで下記一連のコマンドを実行 $ cd $USERPROFILE $ mkdir laravel_docker $ cd laravel_docker $ git clone https://github.com/laradock/laradock.git $ cd laradock $ cp env-example .env # コンテナ起動(初期化) $ docker-compose up -d nginx mysql workspace phpmyadmin # 起動中のコンテナ一覧の確認。各コンテナが起動(up)していることを確認 $ docker-compose ps # ゲストOSに入る $ docker-compose exec --user=laradock workspace bash # testappという名前でlaravelをいれる。 $ composer create-project laravel/laravel sampleapp --prefer-dist "5.5.*" # ゲストOSからでる。 $ exit # laradock/.envの調整。「APP_CODE_PATH_HOST=../sampleapp」に書き換える # /var/www = (user_dir)/laravel_docker/sampleappにさせるために! $ vi .env # コンテナ一旦シャットダウン $ docker-compose stop   # コンテナ起動。再起動により.envが反映されます。 $ docker-compose up -d nginx mysql ここで、localhostにつながらず、"$ docker-machine ip"で ip アドレスを確認 $ docker-machine ip 192.168.x.x 192.168.x.xにブラウザでアクセスするも 「接続できません」「Connection refused」 docker-compose logs nginx でログの調査 $ docker-compose logs nginx nginx_1_71393c023ac7 | /opt/startup.sh: line 2: $'\r': command not found nginx_1_71393c023ac7 | /opt/startup.sh: line 10: syntax error: unexpected end of file startup.shの改行コードをUnix(LF)に変更すると直る。 場所 $USERPOFILE\laravel_docker\laradock\nginx Notepad++で簡単に変更できる。 https://notepad-plus-plus.org/download/v7.6.1.html ビルドして完了 $ docker-compose up --build nginx


2018年10月19日

【備忘録】let’s encrypt で証明書更新エラーが発生した際の対応方法

よくあるlet's encrypt で証明書更新エラーが発生した際の対応方法 certbot-auto で証明書更新エラー [root@ip-10-10-xxx-xx ~]# certbot-auto certonly --webroot -w /var/www/vhosts/sample.com/public_html -d sample.com --email sample@sample.com --debug --no-bootstrap Upgrading certbot-auto 0.21.1 to 0.26.0... Replacing certbot-auto... Creating virtual environment... Installing Python packages... Installation succeeded. Traceback (most recent call last): File "/opt/eff.org/certbot/venv/bin/letsencrypt", line 7, in from certbot.main import main File "/opt/eff.org/certbot/venv/local/lib/python2.7/dist-packages/certbot/main.py", line 10, in import josepy as jose File "/opt/eff.org/certbot/venv/local/lib/python2.7/dist-packages/josepy/__init__.py", line 44, in from josepy.interfaces import JSONDeSerializable File "/opt/eff.org/certbot/venv/local/lib/python2.7/dist-packages/josepy/interfaces.py", line 8, in from josepy import errors, util File "/opt/eff.org/certbot/venv/local/lib/python2.7/dist-packages/josepy/util.py", line 4, in import OpenSSL File "/opt/eff.org/certbot/venv/local/lib/python2.7/dist-packages/OpenSSL/__init__.py", line 8, in from OpenSSL import rand, crypto, SSL File "/opt/eff.org/certbot/venv/local/lib/python2.7/dist-packages/OpenSSL/rand.py", line 12, in from OpenSSL._util import ( File "/opt/eff.org/certbot/venv/local/lib/python2.7/dist-packages/OpenSSL/_util.py", line 6, in from cryptography.hazmat.bindings.openssl.binding import Binding ImportError: No module named cryptography.hazmat.bindings.openssl.binding You have new mail in /var/spool/mail/root 環境変数PYTHON_INSTALL_LAYOUTを確認 [root@ip-10-10-xxx-xx ~]# env | grep PYTHON_INSTALL_LAYOUT PYTHON_INSTALL_LAYOUT=amzn 環境変数PYTHON_INSTALL_LAYOUTをunsetする [root@ip-10-10-xxx-xx ~]# unset PYTHON_INSTALL_LAYOUT certbotを削除(一応退避) [root@ip-10-10-xxx-xx ~]# cp -rf /opt/eff.org/certbot /opt/eff.org/certbot.bak2 [root@ip-10-10-xxx-xx ~]# rm -rf /opt/eff.org/certbot 再度SSL証明書を更新 [root@ip-10-10-xxx-xx ~]# certbot-auto certonly --webroot -w /var/www/vhosts/sample.com/public_html -d sample.com --email sample@sample.com --debug --no-bootstrap Creating virtual environment... Installing Python packages... Installation succeeded. Saving debug log to /var/log/letsencrypt/letsencrypt.log Plugins selected: Authenticator webroot, Installer None Cert is due for renewal, auto-renewing... Renewing an existing certificate Performing the following challenges: http-01 challenge for sample.com Using the webroot path /var/www/vhosts/sample.com/public_html for all unmatched domains. Waiting for verification... Cleaning up challenges IMPORTANT NOTES: - Congratulations! Your certificate and chain have been saved at: /etc/letsencrypt/live/sample.com/fullchain.pem Your key file has been saved at: /etc/letsencrypt/live/sample.com/privkey.pem Your cert will expire on 2018-10-13. To obtain a new or tweaked version of this certificate in the future, simply run certbot-auto again. To non-interactively renew *all* of your certificates, run "certbot-auto renew" - If you like Certbot, please consider supporting our work by: Donating to ISRG / Let's Encrypt: https://letsencrypt.org/donate Donating to EFF: https://eff.org/donate-le You have new mail in /var/spool/mail/root


2018年05月08日

取材をしていただきました。

取材をしていただきました。 パートナー企業さまにて、チーム開発、採用についての取材をしていただきました。 https://teamhackers.io/ninkatsu-voice


2017年12月08日

ニュージーランド大使館で講演しました。

ニュージーランド大使館で講演しました。 ニュージーランド大使館で、サイト内検索について講演しました。 ニュージーランドの企業 SLI SYSTEMSのサイト内検索エンジンについて、導入内容、実施結果などについてを発表しました。 ワインがおいしかったです。 https://ecnomikata.com/ecnews/12693/  


2013年03月07日

PomPonSale iPhone App

ポンポンセール!iPhoneアプリをリリースしました。


2013年03月07日

PomPonSale Mobile Web

ポンポンセール!モバイルサイト版をリリースしました。 http://m.pomponsale.com


2013年03月06日

PomPonSale Web

ポンポンセール!Webサイト http://www.pomponsale.com


2013年02月05日

ShareMyFlow

壁紙カスタマイズ&共有サービス http://sharemyflow.com/


2012年04月02日

Weather Flow!

Weather Flow! Live Wallpaper Alarm! price: ¥300   Weather Flow! Live Wallpaper price: ¥210   NEWS ウェザー★フロウ!ライブ壁紙がApplivに掲載されました Androidアプリ発見サイト -Appliv