「お金はないけどやってくれ」と仕事を頼まれた時の話

ここ最近タダで仕事をしてほしいという依頼がいくつかあり、その中でもとびきりの話をこちらに掲載。

ECサイトを構築してほしいとの依頼

おかげさまで支援先の売上も好調、他もいろいろな案件があり多忙を極めています。

そこで最近、とある知り合いの知り合いN氏から、

「ECサイトはどのくらい費用がかかるのか?」

との問い合わせがありました。

「見積もり了解したから一度打ち合わせしてほしい」

このN氏。地元の交流会で1,2年前に一度あったことがあり、その時の印象は控えめにいって最悪。

交流会で名刺交換の際、N氏に名刺を渡してもN氏からは名刺はもらえず、会の最中もこちらとまったく目をあわせず無視。その会はFacebookでつながりをつくることを推奨していたため、その会で会話した方に友達申請したところ、N氏だけが無視。

人から見下されるのは少なくないので「またか・・まぁどこでもいるわな」程度に考えていた。

ーー

それから2年後、そのN氏から今回唐突にFacebook友達申請が。

「ホームページとか作ってましたよね?いくらくらいかかるんですか?」

どうもネットショップを立ち上げたいとのことで、その費用の問い合わせ。

すでにモールに登録はしてあるが、デザインなどわからないとのことで、見積もりを送付した。

見積もりをみて

N氏「了解です。一度打ち合わせお願いします。」

と返信あり。

正直、N氏のそもそもの印象が悪いので全く乗り気ではなかったが、一応仕事ではあるのでN氏を訪問することに。

N氏「実はお金が無い」

打ち合わせでN氏からやりたいことを1時間ほど聞かされた後、

今自分がどれだけ困窮しているか

という話が1時間ほど続き、

N氏「あんたに払えるお金はない」

と告げられた。

え?見積もりで了解したとは。

交流会などではかなり儲かっているような雰囲気で、いかに自分はすごいかという話が多かったのだが蓋を開けてみると金がないらしいN氏。

N氏の話では今親の仕事の手伝いをしているが月給が10万ほどでこのままでは一人暮らしもできない。結婚もできないしサイト構築に支払えるお金もない。だからこのままならどこかバイトでもするしかない。ただ今のままでは先行きがないのでネットショップを作りたいが、お金がないので今払うことはできない、とのこと。

それから数時間、N氏の身の上話、両親の悪口、知人複数名への悪口を数時間ほど聞かされることに。

N氏の話はとにかくすべてが他人のせい。

  • 自分(N氏)はすごい提案しているのに、そいつらは理解できる能力がない。
  • 親とはいつも喧嘩している。自分を子供扱いする。
  • 親のやり方は全く悪い。自分がやるしかない。
  • ○○(知人)はやってることが全然だめ。今後はもう支援しない。
  • あの取引先は安く買い叩くから本当は今すぐに切りたい。
  • etc..

まわりの人間、身内、取引先などすべて自分より頭が悪い、とのこと。

コロナもあり今後はネットショップ運営をしないといけないとのことで、ただ自分ではどうしようもないので依頼したいが、お金は払えない、とのこと。

父親が社長らしいが、父親の許可は多分でないから、どうしてもというなら僕のポケットマネーで払うしか無い、と言うN師。

こんなに困窮しているN氏にお金を請求してはいけないという話。

流石になんの義理もないどころか、最悪の部類の第一印象の人間になぜタダで仕事をしなければならないのかがまったく理解ができないのだが、N氏からの提案は

「じゃあ売上の1%でどうか?」

売上の1%???

仮に月間1万売上げても100円!

私「○○におろしてるんですよね。そこは何%なんですか?」

N氏「〇〇は15%」

「〇〇は15%」

〇〇は15%でこっちは1%!

さすがに1%はどう考えても無理なので、それはどうにかならんかと言うと

N氏「父親が10%までならいいと言った」

とのこと。

なんじゃそら。

しかし、ネットショップ立ち上げただけでは当然売上はゼロ。モールだからといって有効な売上施策がなければ売れても月1万円いかない。

故に当然こちらの取り分も月1000円程度。

やるだけ赤字の仕事であり、なんども言うがなんの義理もないどころか最悪の部類の第一印象の人間を支援しなければならい理由は、ない。

ただ、結婚を考えているという彼女や、親からも見放されているという(自業自得だが)人間を、そのまま見放してよいかどうかという葛藤で、とりあえず100%ボランティアでやるか、ということに。

ちなみに親からも見放されているというのは、大口の取引先の社長が挨拶に来た時、N氏の父親であるそこの社長がN氏に対して言った言葉が

「お前は何を言うかわからんから、挨拶に来るな」

と言われたとのこと。

先方の社長も息子を連れてきていたらしが、息子(N氏)に挨拶させないというのは、親から全く信用されていないということだろう。

続いてN氏は自分の父親や取引先の社長の悪口を言っていたが、そんな身内の悪口話をこちらにするN氏も、何を考えているかは全く理解ができないのだが。。

N氏の要望を要約すると

  • ネットショップを立ち上げたい
  • 見積もり了解したと言ったが、制作に払う金はない
  • 売上を上げる対策もしてほしい
  • SEOもやってほしい
  • 売上の10%は払う(道の駅には15%払っている)
  • 商材的にもリソース的にも売れて月間数千円の売上→ほぼ数百円/月の手数料

最初から金がないと言われていればこんなことにはならなかったが、

N氏見積もりOKです。打ち合わせしましょう!」

~訪問~

N氏「金は払えません、実は生活できる金もない・・

というのはかなり卑怯なやり口

知人「仕事依頼するならお金を用意するのが筋」

別の知人からも「彼は人間性が・・・」

一応N氏を知る知人数名にN氏のことを聞いてみたのだが、

総じて評判が悪い。

知人経営者「仕事を依頼するのなら当然お金を用意するのが筋、とらないと逆に他の会社からクレームでるよ」

と、至極まっとうなアドバイス。

また他の知人からは「シンプルに彼は人間性が悪いから、やめておいたほうがいいよ・・」

とアドバイスをうける。なんでも、やたらといろんな会合に顔を出すがいつも偉そうで文句ばっかり、自慢ばかりで、他人にダメ出しをしつづけているらしい。

今思えばこの時点でやめておけばよかったと後悔。

私はいまも多忙中で、100%ボランティアの作業に割く時間もない中、N氏との契約書の作成やN氏と確認などをしていた。

N氏「お前のレスポンス遅いから改善しないと打ち切るぞ!」

押印した契約書をN氏自宅へもってこいということで、訪問スケジュールを調整していた。100%向こう都合で調整、N師は夜間しか空いていないとのことで一度スケジュール日程が決まったが、これもN氏が「その日はやっぱり来客があるので、別日を調整しろ」とのことで、翌週調整して再度連絡をしたところ、とどいたのが下記のメッセージ。

messengerによる一回ごとのやり取りで非常に時間が掛かっていることが気になっています お忙しいのは承知していますが返事を返したあとにしばらく音沙汰が無いのは、今後の事業継続の上で意思の疎通に問題があると考えます

え?

改善が難しいようでしたら今回の話は保留も視野に改めてご相談させて頂きます

正直、N氏には事前に忙しいので返信は遅れる旨を伝えてあり、その上N氏のスケジュールにあわせて調整し、こちらもまったくやる気もないなかなんとか調整して連絡をとりつづけ、当然N氏側からはなんの連絡もすり合わせもなくやってきたところにこのメッセージ。

金がなくて生きていけないからなんとかしてほしいというから100%ボランティアでやろうとしていたところに、

「お前のレスポンス悪いから改善しないと切るぞ!」

となぜか脅迫される。

さすがにボランティアなのにN氏を最優先しろと言われることに対応は不可能なので、断ることにした。

正直、事情を説明した上で話を進めており期待していただけにそのような返事を頂くとは思ってもいませんでした そのような判断をするのであればもっと早い段階で伝えて欲しかったです これまでの対応含め非常に残念でなりません

「そのような返事を頂くとは思ってもいませんでした」

「これまでの対応含め非常に残念でなりません」

いやいや。

そもそも「今回は保留も」と言い出したのはN氏本人。何を勘違いしたのか自分を最優先に作業させようと脅迫してきたN氏は、月数百円の手数料のために私がN氏のいいなりになると思った模様。

実際他の仕事で嫌がらせなどもあったが、ここまで傲慢でどうしようもないタイプは始めて。

その後も本人のFacebookより

今年度からいくつか同時進行で動いていた事業の一つが白紙に戻りました途中まで話が進んでいましたが、このまま進めると後々揉めることになると思い、こちらから問題提起したところ理解を得られず残念な結果に着地しました業務遂行不可能の報告がメッセージで簡潔に行われたのは不義理で少しお粗末な気もしますがコロナのご時世もあるので不問として呑み込みました

「お金はないけどやってくれ」と仕事を頼まれた結果わかった、不幸になる人間の特徴

とにかく現状うまくいかない、不幸な状況にある人間の共通点として浮かび上がるものがありました。

1.人の悪口を言う

とにかくN氏の言う話は90%が悪口。関わる人間すべて悪口のオンパレード。顔がひろくいろいろなところに顔をだしているが、総じて評判がわるくなっているのはこれが原因の模様。

行動力はそれなりにあるが、悪口ばかりいうのでまっとうな人は離れていき、悪口がすきな人間が周囲にあつまる。悪口が好きな人間は総じて駄目なので、その空気を常に本人がまとっているようになってしまっている。

2.傲慢

日程の調整や、連絡などN氏から

「今お忙しいですか?」「○○ぐらいはいかがでしょうか」

などといった連絡はなくすべて受け身。会話の内容も常にこちらを見下すような話し方。こちらは、だれがいくら稼いでいようが、何の実績があろうがつねにフラットで接するように心がけていようと思っているが、N氏のような人間からは、こちらは御しやすいとおもうようで、どんどん傲慢な態度になっていく。

上記のやりとりに見るように、自分から打ち切りを切り出しているのにも関わらず、相手が断ると心外といった態度から、

「自分は依頼する側で上の立場(金払ってないけど)、受けるやつは下の立場」

と無意識に行動しているのがわかる。

しかもお金を払ってさえいないのに上から目線の傲慢さは謎ですが、金を払ったから俺のほうが偉いという思考回路は今後より難しくなっていくでしょう。

人生をよりよくするには協力者が必須です。傲慢な人間にだれが協力したいと思うのでしょうか。

すでにN氏の場合、まわりからの評判も最悪で、彼は人間性が悪いからやめておいたほうが良いと言われるほど。

3.何事も他人のせいにする

N氏は自分がうまく行かない理由を、

  • 親が悪い
  • 取引先が悪い
  • 業界が悪い
  • 知り合いが悪い
  • 客が悪い

と、すべて他人のせいにする話をしていた。どう考えても現状の本人が不幸な理由は自業自得としていいようがないにも関わらず。

今の自分の問題は自分の責任ではないとしてしまっているため、自身が改善する可能性もなくなっている。N氏自身の親である社長が、N氏に対して給料を10万円しか払わないのに対してN氏は自分に責任があるとは考えないので、自身の行動を改めることができない。

これは、精神的に幼稚であるゆえに自分自身の現状の責任を他者にゆだねてしまっているため。

なので状況は一向に悪いままになってしまうのだろう。

4.家族の仲が悪い

経験上、うまくいっていない人のおおよそ90%は家族仲が極めて悪い。N氏のケースは家族で事業を行っていることもあり、仲が悪いことで状況は悪化の一途。

血の繋がりのある家族よりも他人を大事にすることはほとんどありえません。家族に対する悪口を他人に言う時点で、それよりも他人の扱いは酷いであろうことは容易に想像ができます。

家族を大事にしない人間が、家族以外の他人を大事にする可能性はほとんどない。

特に今後は、家族の絆、家族の仲というのが個人の幸福により大きく影響があると思います 。

そのような人間に協力しようと思う人間はいないでしょう。

鉄則

ビジネスで身の上の不幸話をしてタダでやらせようとする輩は縁を切るべし。
関わるだけでマイナスの人間はいる。関わると不幸になる人間の特徴をまとめると下記
(1)他人の悪口を言う
(2)家族と仲が悪い
(3)自分の話だけをして、その話が長い
(4)言い訳ばかり
(5)忍耐力がない、我慢ができない

とくに(1)と(2)に該当する人間は関わるだけでトラブルに巻き込まれます。今回もN氏はSNSや実際に他人に会って私の悪口をいいふらしているようです。そもそも上記に該当する人間は総じてトラブルばかりで不幸な状態です。
さらに付け加えていえば、

「姑息な駆け引きを仕掛けて自分に有利にしてやろう」

という人間は最悪です。

今回のN氏は、見積もりOKの後に「金がない」と言い、「月給10万で結婚もできない」と泣きついてきました。その後で、「連絡が遅いからこのままでは打ち切る」と脅すという、卑怯で姑息なやり口を仕掛けてきています。

追記

じゃあなぜお前はそこまでわかっていて協力しようとしたのか?という疑問があります。これは山本周五郎の赤ひげ診療譚にある一節で、虐待を受けた少女を医師である赤ひげ先生が、少女から暴行されながらも慈愛と寛容さを見せ少女が癒やされるシーンがあったのが恐らく原因で、こういう悪人のようなものでも遠ざけず助けなければならない、といった思考がありました。自分が嫌な人間と思う相手でも、助けを求められたら支援しなければならないというように考えていたところがあります。しかしこれ調べてみたらこの部分映画オリジナルやないか!山本周五郎にしてはちょっと違うなと思ったので、調べてよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA