【gulp】WordPressスケルトンテーマ「_s(underscores)」のgulp設定

WordPressスケルトンテーマ「_s(Underscores)」

WordPressのスターターテーマ(スケルトンテーマ)である「_s(Underscores)」は、

テーマ名やAuthor名などを指定し作成することができるデザインが未設定のスケルトンテーマです。

Underscores公式サイトからダウンロード可能です。

ダウンロードの際、テーマ名指定ボックスの下にある「Advanced Options」をクリックし、「_sassify!」のチェックをすることで、ダウンロードテーマにSASSディレクトを含めることが可能です。

「GENERATE」ボタンをクリックし、指定したテーマ名のzipファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたテーマをWordpress管理画面の「外観」>「テーマ」にてアップロードします。

Sassコンパイル環境の構築

Sassのコンパイル環境を構築します。Sassをコンパイルできるnpmのパッケージ「node-sass」を使用し、指定したSassファイルが更新されたら自動でコンパイルする環境を構築します。

Node.jsのインストール

まずNode.jsをインストールします。

Linux等環境におけるインストール方法はこちら

Windows、Mac環境へのインストールは下記からインストーラーをダウンロードしインストールします。

https://nodejs.org/ja/download/

node-sassのインストール

Sassのコンパイルに必要なnode-sassをインストールします。

> npm install -g node-sass

インストール後、node-sassコマンドでバージョンを確認します。

> node-sass -v

node-sass       6.0.0   (Wrapper)       [JavaScript]
libsass         3.5.5   (Sass Compiler) [C/C++]

package.jsonの作成

underscoresテーマフォルダにはデフォルトで package.jsonファイルが存在します。ない場合は npm コマンドで作成します。

underscoresテーマフォルダ直下で下記コマンドを実行します。

npm init -y

gulpのインストール

テーマフォルダ内でgulp実行するために、gulpをフォルダ直下の開発環境にローカルインストールします。

gulpインストール

npm install --save-dev gulp

または

npm install -D gulp

–save-dev、-Dオプションはともにローカルインストールオプション。

gulp-sassのインストール

npm install -D gulp-sass

gulp-changedのインストール

 npm install --save-dev gulp-changed

package.jsonのdevDependenciesに下記コードが追加されます。

  "devDependencies": {
    "@wordpress/scripts": "^12.1.0",
    "dir-archiver": "^1.1.1",
    "gulp": "^4.0.2",
    "gulp-changed": "^4.0.3",
    "gulp-sass": "^4.1.0",
    "node-sass": "^4.14.1",
    "rtlcss": "^2.5.0"
  },

gulpfiles.jsの作成

gulpfiles.jsを、下記の内容で作成します。作成場所はテーマフォルダ直下です。

const {
  src,
  watch,
  dest,
  series
} = require('gulp');
const changed = require('gulp-changed');
var sass = require('gulp-sass');

// SassとCssの保存先を指定
const sassComp = () => {
  return src('./sass/**/*.scss')
    // 下記一行を追加
    .pipe(changed('./sass/**/*.scss'))
    .pipe(sass({
      outputStyle: 'expanded'
    }))
    .pipe(dest('./css/'));
};

exports['sass-watch'] = () => {
  watch(['./sass/**/*.scss'], series(sassComp));
  // watcher.on('change', function(event){});
};

これでgulpの実行環境が整いました。

テーマフォルダ直下で下記コマンドでgulpを実行します。

gulp sass-watch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA