【Node.js】AWS EC2 AmazonLinux 2にNode.jsをインストールする

nodejs ec2

ReactやVueなど、フロントエンド開発を行う環境をEC2上に構築します。

インストール手順

1.Node.jsのバージョン切り替えツール nvm(Node Version Manager)のインストール

2.Node.jsのインストール

Node.jsは今も細かなバージョンアップが多くあり、Node.jsのバージョン管理を行うnvmをインストールし、Node.jsのインストールはnvmをもちいて行います。

nvmのインストール

nvmのインストールは、githubからクローンするだけです。

AWS公式サイトでは、インストールのシェルスクリプトの実行を推奨しているので、その方法で行います。

AWSにおけるnvmインストール手順

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/sdk-for-javascript/v2/developer-guide/setting-up-node-on-ec2-instance.html

nvm公式サイト

https://github.com/nvm-sh/nvm/blob/master/README.md

下記コマンドでシェルスクリプトをダウンロードし実行します。

curl -o- https://raw.githubusercontent.com/nvm-sh/nvm/v0.35.3/install.sh | bash

wgetコマンドでもダウンロード、実行が可能です。

wget -qO- https://raw.githubusercontent.com/nvm-sh/nvm/v0.35.3/install.sh | bash

curl コマンドのオプション -o で、出力先を指定してダウンロードが可能です。

「curl -o- 」で、出力をターミナルにすることができます。

「| bash 」で、ターミナル出力したスクリプトをbash で実行することになります。

nvm

上記コマンドで、ホームディレクトリに .nvm ディレクトリが作成されます。

コマンドラインで次のように入力して、nvm を有効にします。

. ~/.nvm/nvm.sh

Node.jsをインストール

インストールしたnvmコマンドをもちいてNode.jsをインストールします。

最新版をインストールする場合は、下記コマンドを実行します。

nvm install node

インストール後、下記コマンドでバージョンの確認をおこないます。

 node -v

2020/09/03時点での最新版は 14.9.0です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA