xserverにNode.jsをインストールする

xserverにNode.jsをインストール

xserverをもちいてNode.jsをインストールする方法です。

インストールの順番は

  • nvm
  • Node.js
  • npm

最初にNode.jsを管理するnvmをインストールし、次にNode.js、最後にNode.jsのパッケージを管理するnpmをインストールします。

githubからnvmインストールスクリプトを実行

nvmは、Node.jsのバージョン管理を行うツールです。

https://github.com/nvm-sh/nvm

$ curl -o- https://raw.githubusercontent.com/nvm-sh/nvm/v0.37.2/install.sh | bash

version部分は https://github.com/nvm-sh/nvm で更新あり。

上記を実行後、.bashrc に以下の記述が追加

export NVM_DIR="$HOME/.nvm"
[ -s "$NVM_DIR/nvm.sh" ] && \. "$NVM_DIR/nvm.sh"  # This loads nvm

sourceコマンドで.bashrcの内容を反映します。

$  source ~/.bashrc

Node.jsのインストール

以下のコマンドでNode.jsをインストールします。

 $ nvm install --lts

上記コマンドで、node.jsとnpmがインストールされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA