【GA】GoogleAnalyticsで流入元の確認ができるリンク作成の方法【Campaign URL Builder】

GoogleAnalyticsで、どこからユーザーがアクセスしているかの確認が可能になるCampaign URL Builderの説明をしています。

こちらの方法を使うことで、QRコードや外部に設置したリンクなども確認が可能になります。

Google Analyticsで流入経路の確認

Google Analyticsでは、「集客>すべてのトラフィック>参照元サイト」で、どこからのアクセスかの確認が可能です。

ただこの場合、チラシなどに設置したQRコードなどは、すべて(direct/none)に含まれてしまい、正確なアクセス数が把握ができません。

チラシなどのQRコード、外部サイトやメルマガ内のリンクからのアクセス

チラシなどQRコードからのアクセスが確認が可能になれば、そのチラシの効果が計測できるようになります。

例えばチラシのデザインを2種類作成し、それぞれお1000枚作成したとします。全て配布した場合、チラシAからのアクセス数が30件、チラシBからのアクセスが15件あったとします。

チラシA1000枚中30件のアクセス=3%

チラシB1000枚中15件のアクセス=1.5%

となり、チラシの集客率、またチラシのデザインの集客効果の比較も可能になります。

流入元を調べるには

QRコード等からのサイトへの流入元を調べるには、リンクに特殊なパラメタを付与することで可能になります。

リンクパラメタとは、通常のリンク(URL)に、「?」や「&」をもちいて設定する値のことになります。

例)https://choppydays.com?param=aaa

上記リンクは、通常のURLの後ろに、?でパラメタを設置しています。

パラメタparam と、paramが持つ値が aaa となります。

リンクパラメタの生成

次に、Google Analyticsが認識するパラメタを説明します。

Google Analyticsで、URLリンクパラメタによる詳細な流入元を調べるには、「集客>キャンペーン>すべてのキャンペーン」で可能です。

下記は、仮に「opening」キャンペーンとして設定したものが表示されています。

下記サンプルURLです。

https:/choppydays.com?utm_source=qrcode
&utm_medium=flyer
&utm_campaign=opening
&utm_term=20200501_20200531

Google Analyticsが認識する主要なキャンペーン用パラメタはutmから始まる下記になります。

・utm_source

・utm_medium

・utm_campaign

・utm_term

まずutm とは Urchin Tracking Module の頭文字で、もともとGoogle Analyticsは Urichin Software Corporation が開発していたもので、そのときの名残です。

パラメータ内容説明
utm_source参照元サイト名やニュースレター、メルマガ、サイトURL等
例)newsletter、opening_flyer、newsletter_vol1
utm_mediumメディア・媒体メルマガやCPC、広告、QRコードなどのメディア
utm_campaignキャンペーン名キャンペーン名、商品プロモーションなど固有の名称
utm_termキーワード主に有料検索広告に使用。検索キーワードなどを設定




GoogleAnalytics用パラメタを生成する「Hit Builder」

各パラメタは、下記サイトで簡単に設定が可能です。

Hit Builder

https://ga-dev-tools.appspot.com/campaign-url-builder/

HitBuilderの使い方

HitBuilderにアクセス後、各項目に入力していきます。

Website URLには、管理しているサイトURLを入力します。

項目入力サンプル
Website URLhttps://choppydays.com
Campaign Sourcemailmagazine
Campaign Campaignemail
Campaign Namesummer_sale

各項目に入力後、下部に自動生成されるURLをコピーします。

チラシ掲載のQRコードの場合は、下記のように設定します。

項目入力サンプル
Website URLhttps://choppydays.com
Campaign Sourceflyer
Campaign Campaignqrcode
Campaign Namesummer_sale

収集できるデータはすべて収集していきましょう

取得できるデータは、まだ特に利用用途が思いつかなくても、すべて収集していきましょう。

後になってから必要だった場合にも対応ができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA