【Google Workspace】Googleスプレッドシートで「タスク管理シート&ガントチャート」を公開しました【FREE】

Googleスプレッドシートでタスク管理

Googleスプレッドシートで作成したタスク管理シートを公開しました。

TrelloやJIRAなど課題管理、タスク管理サービスはありますが、個々のタスクが簡易で、タスク一覧表示だけで管理したい方向けです。

タスク管理シート v1.0

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1SlCG1Zlgp77V_3wf_OpX6LUcGCmOjRBcIlxB6gne0q8/edit?usp=sharing

初期設定箇所

「ガントチャート開始日」で、本日、月初の選択が可能です。

ガントチャート

同一シート内、および別シートにガントチャートも表示されます。

ガントチャートは、土日は「休」マークが表示されるようになっています。

これはガントチャートで表示した場合、結構な割合で休日換算していないケースが見受けられたためです。(チャートにした場合に休みまで視覚的に作業日になりがち)

自動入力など

GASを有効化すると下記機能が動作可能になります。

  • 「作成者」(タスク作成者)に入力すると、自動でタスク番号付与、作成日と起源日が自動で入力されます。
  • 「作成者」を削除すると、上記の自動入力分が自動で削除されます。
  • ステータスを「完了」にした際、完了日が自動で入力されます。

GASの有効化方法は下記でご紹介しています。

GASトリガー設定

入力の自動化は下記トリガー設定が必要です。

「ツール」>「スクリプトエディタ」を開きます。

「トリガー」を選択します。

「トリガーを追加」を選択します。

「実行する関数を選択」に「insertLastUpdate」、「イベントの種類を選択」に「編集時」を選択して保存します。

入力と動作

タスクの作成方法と、作成されるガントチャートです。

削除

作成者を削除すると、タスク名、詳細以外が削除されます。

ステータス

タスクのステータスは下記が設定されています。

  • 未対応
  • 進行中
  • 中断
  • 対応済み
  • 完了

担当が対応した場合は「対応済み」に設定し、依頼者(作成者)が確認した時点で「完了」とすることを想定しています。

ご要望や不具合のご連絡等ありましたら下記からお願いします。

使用実績

メンバー人数が10名前後で数年の使用実績があります。

特に、依頼者(作成者)と担当者とのやりとり漏れを防ぐために「対応済み」「完了」とステータスを分けてあります。

ご利用について

当サイトで提供しているテンプレート(テーマや画像素材等含む)は、企業や個人・国・地方自治体・その他の団体でもご利用いただくことが可能です。商用利用も可能ですが、再配布や再販売を行うことは禁止しております。また著作権は放棄しておりませんので、テンプレートそのものをご自身で作成したかのように公開することはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA